おすすめPick Up!

ミス・ユニバース・ジャパン2008は美馬寛子

ミス・ユニバース・ジャパン2008は、美馬寛子がヒロインに。シャープな肉体美を披露。



ミス・ユニバース・ジャパン2008は美馬寛子@HotHoneyNet

―― 美のワールドカップと言われる「ミス・ユニバース・ジャパン」には、徳島県出身の日本大学4年生 美馬寛子さん(21)が栄光に輝き、美のニューヒロインが誕生した。美馬寛子さんは7月中旬にベトナムで行われる世界大会に出場する。

07年は森理世さんが、日本人で46年ぶりに世界大会第1位に輝いたこともあり、これまで以上に注目を集めた今大会。過去最高の4,200名が応募。その頂点には、陸上競技の走り高跳びで全国大会に7回の出場経験があるスポーツウーマン、美馬さんが選ばれた。

選考は、「Fashion Island」をテーマにしたショー形式で展開。ステージの幕が開けると、美馬さんは満開の笑顔で会場を魅了。ダンス、ラ・ペルラのスイムスーツを着ての水着審査、演技と続き、審査員に自己アピールを行った。トップ5のみによる、イブニングドレスでの最終審査では、緊張した様子が会場で見守る観衆にも伝わるほどだった。

ウィナーとして美馬さんの名が発表された瞬間、信じられないという驚きの表情に。森理世さんからティアラを頭にのせてもらうと「ありがとうございます。正直、自分でもびっくりしちゃって」と喜びで声を詰まらせた。
美馬さんはこれからさらに3ヶ月のトレーニングを積んで、7月にベトナムで行われる世界大会に出場する。

美馬さんは徳島県出身の大学生。中学生から始めた走り高跳びでは、全国大会に7回も出場するほどのスポーツウーマン。趣味は3歳から始めた阿波踊り。

ウィナーに選ばれる自信はありましたか?

「ウエイトを絞ることさえできれば完璧だという自信がありました。今日のために、2週間前から集中して5キロ落としました。それが勝因かも(笑)」

日本中の期待がかかる世界大会に向けての抱負は?

「知花くららさんや森理世さんの後をしっかり受け継げるように、日本人らしい美しさや女性らしさを身につけたいですね。まだまだトレーニングが必要です。ベトナムに向けて頑張ります」

MSNを見ているファンへ一言

「応援ありがとうございました!イネスやスタッフの方々、家族、友人、応援してくれたすべての人々に本当に感謝しています。素晴らしい経験をさせていただいて、今、とっても幸せです」

昨年のミス・ユニバース、森理世さんも「美馬さんは、自分を信じる力がすごく強い。絶対、世界大会でも優勝できると思います。頑張ってください」とエールのコメント。<MSNより>

トップ > ファッションショー > ミス・ユニバース・ジャパン2008は美馬寛子

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。